SILICALIME S5

SENSITIVE SPACEフラッグシップモデルとして更なる進歩を加えました。

壁面を塗る習慣はどの時代から行われてきたか。特定するのが難しいほど古く、室内を装飾したくなる気持ちはおそらく人類本来の志向として植え付けられているのでしょう。世界中に今も現存する古代の壁面。その多くに、塗り壁の上に装飾を描く技法が採られており、古代の人々が空間を彩ることに余念がなかったことを示しています。

SILICALIME S5では、装飾をデザインとして捉える現代の発想を取り入れながら、時を越えて伝承されてきた素材を現代と古代の「SENSITIVE SPACE = 空間を共有する感覚」とつなぎ、古代の人々の息吹さえも感じることのできる空間づくりを目指しています。古代から伝わる雰囲気と現代の技術で融合させたデザイン。人類の歴史の延長線上に位置し、素材のDNAを継承するSILICALIME S5。壁材の進化の過程を感じられる、最上の空間に触れてください。

RELIEF -ルリエフ-
精巧な模様に囲まれる贅沢。

設計において、物体だけでなく光や陰、音や空気も重要なデザインの要素となります。オリジナルの模様を型押しすることにより、壁面に注がれる光と陰影とを操り、音の状態や空気感までも意識してデザインすることができます。
くっきりと浮き出たエッジは、無機素材にしか表現し得ない精巧さを実現。そのバリエーションは、オリジナルの模様や彩色に加え、光や音などの要素を掛け合わせることで無限大に広がります。 オーダーメイドの空間をお楽しみください。

LUSTRÉ -リュストレ-
水硬性石灰が発する、あたたかな光沢。

シリカライムSシリーズの技術をベースにした、オリジナルの磨き壁です。左官職人の熟練した技術で丁寧に、繊細に、ひたすらに表面を磨いてゆき光沢感を出すこの仕上げは、局面や造形物への施工も可能とします。
手間と時間をかけて完成したその肌合いは、硬さを保ちながらも柔らかく、一点物の上品な質感。自然の美しさが宿るあたたかな光沢を発します。水硬性石灰を使用することで、耐久性が良く、他にない独特の風合いがお楽しみいただけます。

ORDER THE WALL手の仕事が仕上げる、オーダーメイド感覚の空間

壁面の仕上がりは、二つと同じ物はありません。私たちはお客様に対してこのように説明しています。それは、一見同じように見える仕上がりも、日本の伝統とも言える左官技術には、職人一人一人の手によって仕上げられるからです。 その揺らぎともいえる絶妙な変化、機械には真似ることのできない手による仕上げは、現代となっては貴重な技術です。伝統技能を守りながらその先には何があるか、Sシリーズの未来は手仕事の未来でもあります。

COQUILLE LADEN
-コキーユ・ラデン-

ラデンを加えた仕上げ。しとやかな輝きを魅せる。

AMETHYST -アメジスト-

アメジストを混ぜ込み、表面を洗い出した仕上げ。

FIBRE NATURELLE
-フィーブル・ナチュレル-

藁を混ぜ込んだ仕上げ。和の趣を感じさせる。

籾殻とシリカライムを配合し、型枠の中へ充填した版築工法です。素材の疎密が層状に表れる、伝統的な日本の土塀を連想する仕上がりとなります。籾殻を配合することで、壁面は天然の断熱材として機能します。