日本左官会議主催【講演会キャラバン】に協賛しています。

20160613_sakankaigi

来る2016年6月13日、公益社団法人日本左官会議主催の講演会
「職人がいる町、塗り壁のある暮らし — その終焉がもたらすもの」が開催されます。
日本の左官文化の魅力、「普通の壁」の優しさを見つめなおし、
その豊かさを失いつつある現状と私たちの住まい、暮らしについて考えます。
一般の方、建築関係の方、多くの方々にお聞きいただきたい内容となっております。
ぜひこの機会に、左官の世界や土壁の魅力を見直してみませんか?

 

公益社団法人日本左官会議とは*
これからの時代にこそ取り戻したい、太古から未来へと永続する「土とともに生きる思想」と「高度でたしかな左官技能」
を継承しつつ、時代に合わせて創出し、広め、継承していくために2012年より発足されました。
多くの方々に、左官文化や職人文化を後世に残し、豊かな住まいづくりを守るための活動をしています。
その一環として、「講演会・全国キャラバン」の第一弾を東京で開催する運びとなりました。

 

日本左官会議講演会・東京編
「職人がいる町、塗り壁のある暮らし — その終焉がもたらすもの」
日時:2016年6月13日(月) 18:00〜20:00 (開場 17:00)
登壇:挾土秀平/原田進/小林隆男(以上、左官)/宇野勇治(建築家、愛知産業大学准教授)/西田司(建築家・オンデザインパートナーズ)/正会員数名
会場:東京大学弥生講堂一条ホール(東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内)
[プロローグ] 俺たち左官の70年 — 戦後、左官が歩んだ道(挾土秀平)
[エピソード1] 地域地域の風景に合った最高の仕上げ。自分が仕上げた最高の仕上げ。東京・関東の仕上げを中心に。
[エピソード2] 日本の町並み、建築文化を支える左官の仕事(原田進、小林隆男)
[エピソード3] 左官の終焉は近いか「中塗りして8㎜」の壁(挾土秀平)
[パネルディスカッション] 日本左官会議メンバー+西田司/進行:宇野勇治

【入場料・お申し込み】
一般 1,500円 (前売りチケット1,200円)/日本左官会議 会員 1,000円
ご希望の方は、下記リンク先のフォームから事前予約の上、入場料は当日お支払いください。
http://www.sakanjapan.com/blog/?p=588
※当日ご入会の方も会員料金でご参加いただけます。会費5,000円/年(支援会員・準会員)
※定員250人。満席になり次第、締め切ります。

 

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。