インタビュー

hiramatsuTop
左官のある風景 インタビュー 左官のある風景

ふたつの月 平松朋子さん

東京と京都を拠点に活動する、フラワースタイリストの平松朋子さん。2015年6月、念願叶って自宅で塗り壁に挑戦。自宅の2階部分にあるリビングダイニングとキッチン、和室の壁を「SILICALIME S1」を使って施工されました。今回は、塗り壁にしようと思ったきっかけや、塗ってみての感想などを伺いました。

Photographs by KUMADA takahiro(Eckepunkt)

Share on Facebook

――なぜ塗り壁にしようと思ったのですか?

平松 自宅でお花の撮影をすることもあり、背景はクロスよりも塗り壁の方が雰囲気が出ていいなぁと思ったのが最初のきっかけです。

slm_hiramatsu1
素朴なものや身近な花材を使った、どこか和の雰囲気のあるアレンジが平松さんの魅力

――なぜシリカライムの左官材を選んだのですか?

平松 漆喰は左官職人さんがいないとできないというイメージがあって、自分で塗るのは大変そうだなと。それならばとDIY感覚でできる珪藻土も検討しましたが、インターネットやホームセンターで情報を集めると賛否両論で、私個人としては人工的なもの(接着剤)が入っているという点が気になってしまいました。いろいろと情報を集めているなかで、ちょうど友人のお店がシリカライムの左官材を使用していたので、実際に見せてもらいお話を聞かせてもらったんです。そこで、主に自然素材のみで接着剤不使用という点と、塗った後の質感に惹かれたことが決め手となりました。

slm_hiramatsu2slm_hiramatsu3

「カラーは、生活空間に馴染みやすい「NATURE(ナチュール)」を選びました」(平松さん)

――塗る前に気をつけたことはありますか?

平松 平松 塗り壁にしようと決意したのは1月頃だったのですが、気温が低いと乾きが遅く失敗の原因にもなると言われ、6月の梅雨入り前に実行しました。乾かすことが大事なので、窓を全開にして、さらに扇風機も回しっぱなしにしていました。

下準備で一番大変だったのは養生です。左官材を塗らない箇所を汚れ防止のためにマスキングテープで保護するのですが、これが仕上がりを左右するのでとても重要だと教わって。埋め込み型の照明器具の周りや窓枠など一つひとつにマスキングテープを貼るのが大変でしたね。

slm_hiramatsu4
「円形の部分は、養生もですが、コテの動かし方も難しかったです」(平松さん)

――実際に塗ってみていかがでしたか?

平松 友人数名に入れ替わりで手伝ってもらい、下塗りから本塗りまで3日かけて塗りました。幸い友人のひとりに左官職人さんがいたので道具の準備などを相談できましたし、プロのコテの使い方を間近で見ることができたので心強かったです。塗っていて一番難しかったのは、角の部分です。やっぱりここがピシッとしていないと格好が悪いですから。それ以外はちょっとヘタでもそれが味になりますし(笑)、塗っている間はすごく楽しかったですよ!

slm_hiramatsu5
「天井は男性陣にお任せ。塗る人によってぴちっとしていたり、デコボコしていたりと、仕上がりが違うのも塗り壁の面白さですね」(平松さん)

――塗り終えてからの感想を教えてください

平松 今回は天井も塗ったので洞窟みたいな雰囲気になり、すっぽり包まれている感じが気に入っています。夏は心地よく、冬は暖かみがあってとても過ごしやすいです。また、シリカライムの左官材は陰影の出方が素敵で、光の当たり方によって同じ壁でもいろんな表情が出るのが面白いです。

slm_hiramatsu6
左官材自体に匂いの吸収作用があるため、LDKでも生活臭が混ざらないのもシリカライムの特長だ

平松 天然素材で接着剤が入っていないので人工的な匂いがせず、塗り終えたその日から生活できたのもよかったです。一度塗り方を覚えてしまえば自分でメンテナンスもできますし、ゆくゆくはまたほかの部屋も塗りたいと思っています。とにかく大満足です!

slm_hiramatsu7

「自然のもの同士なので、お花との相性もいいですね」

壁について一言

Q:平松さんにとって「壁」とは?
A:大きな花器です。
平松 花を活けるとき、花器はとても大切で、それ全体をつつみこむ壁は花器の延長線上にあり、花活けの一部でとても大切と考えています。

hiramatsu-prof

フラワースタイリスト
ふたつの月 平松朋子
ひらまつ・ともこ 京都生まれ。東京のローカルな雰囲気ただよう世田谷、松陰神社前を拠点に暮らしに寄り添う花を提案。ギフトオーダー、結婚式のフラワーアレンジ、レッスン、移動花屋、活け込みなどのほか、定期的にゆかりのある京都にて花の活動をおこなう。

INFO
レッスンでは、毎月季節の花の飾り方やいけ方を提案。次回は、1/22(金)・23(土)に開催。
http://futatsunotsuki-hana.com

過去の記事

nomiya
設計機構ワークス
SLM_top_pro_tamura2
インタビュー インタビュー プロに聴く

株式会社センプレデザイン代表 田村昌紀さん

「心地よい暮らし」をコンセプトに、海外の家具や洗練された雑貨が並ぶセレクトショップ「SEMPRE(センプレ)」。現在、路面店が 2 店舗、百貨店やショッピングビルのインショップが 4 店舗あり、インテリア好きなら誰もが知る存在に。2015 年 10 月、青山・骨董通りの「センプレ青山店」を大幅にリニューアル。センプレの代表的アイテムであるアルテックなど世界のデザイン家具はそのままに、若手クリエイターのプロダクトを導入。どんな基準で新たなアイテムをセレクトし、どんなこだわりで新しい空間を作り上げたのか、代表の田村昌紀氏にお話を伺いました。

Photographs by Nobuhiko Tamura

SLM_kobayashi
インタビュー インタビュー プロに聴く

株式会社小林幹也スタジオ代表 小林幹也さん

家具やプロダクトデザイナー、インテリアデザイナーとして幅広く活躍し、国内外にクライアントを持つ小林幹也さん。その傍らで「暮らしの市場」をコンセプトにしたショールーム兼ショップ「TAIYOUno SHITA」を運営されています。そして今年1月、内装新たに目黒区碑文谷にてリニューアルオープン。そんな小林さんに、日々どんな思いでデザインをされているのか、「モノ」づくりの視点からとらえる「空間」のあり方とは何か、お話を伺いました。

Photographs by Nobuhiko Tamura(TN-Photography)