インタビュー

nomiya
左官に触れる インタビュー 左官に触れる,

MIKIMADE 野宮未葵さん

コテを片手に、建物の壁を美しく仕上げる左官職人。長きにわたり「男の世界」と認識されてきましたが、ここ数年で多くの女性の左官職人が注目されています。今回は、社員職人を経て独立し、「MIKIMADE」の屋号で活躍する野宮未葵(のみやみき)さんにお話を伺いました。

Photographs by KUMADA takahiro(Eckepunkt)

Share on Facebook

コミュニケーションを一番大切に

nomiya2

――普段のお仕事内容を教えてください

野宮 私の場合は、個人のお客様からのご依頼が八割で、マンションや一軒家などの住宅の施工が主です。打合せでどんな壁にしたいのかをヒアリングし、それに添ってサンプルを数枚作成して提案。可能であれば現場を拝見して、そこでまたイメージをすり合わせたりすることもあります。仕上がりや色、素材が決まったら見積もりを作り、OKをいただけたら施工に入ります。受注から施工に入るまででだいたい1ヶ月くらいでしょうか。

――左官の仕事で一番大切なことは何ですか?

野宮 施工に関していうと、隅々まで気を使うことですね。細かなアラがあればきちんと手直しするとか、手の届きにいくいあとちょっとのところまできちんと手を伸ばして仕上げるとか。これは職人の個性が出るところかもしれません。でも実は、とくに個人のお客様の場合、施工に入るまでのコミュニケーションが一番大切なんです。お客様の求めるものをどう実現するか、それをどうお客様に説明していくか。私はとくに仕上がりのイメージを事前に共有することに注力しているので、サンプルもできる限り作り直しますし、納得いただけるまで何度もやりとりをします。結果、「イメージと違う」などの理由でのやり直しが発生するリスクもなく、一番効率的なんです。

nomiya3

女性の左官職人として働くこと

――そういった柔軟性も、女性の左官職人が注目されている理由にあるのでしょうか?

野宮 性別が関係しているかはわかりませんが、私の場合は「話しやすい」とはよく言われます。とくに個人宅だと奥様とお話しすることが多いので、同性のほうがいろいろ話せるというのはあるかもしれません。あとは奥様と旦那様で意見が分かれてしまったときなどは、その橋渡し的な存在になったり(笑)。やりとりの回数が多いので、友達のようになっちゃうんですよね。なので、施工後もずっとお付き合いを続けさせていただくこともあります。

――そもそも野宮さんが左官職人になろうと思ったきっかけは何だったのですか?

野宮 私が高校3年生のときに実家をリフォームしたのですが、そのときに女性の左官職人さんが来られて、仕事の様子を見たり話を聞いたりして興味を持ったんです。当時は左官の世界をよく知らず、女性がいることは当たり前のことだと思っていたので、自分がこの世界に飛び込むことに何の抵抗もありませんでした。でも、大学4年生のときに左官職人を目指して就活してみると、いろんな会社から「女の子はちょっと…」と断られて。そのときに「あ、左官って男の世界なんだ!」とやっと気づいたくらいですね(笑)。

nomiya6

――実際、現場に入ってみてどうでしたか?

野宮 やっぱり力仕事が多いので、女性は体力的な問題がありますよね。夏場は冷房設備がない環境で汗だくになり、逆に冬はかじかむ手で暗くなるまで作業をしなければなりません。何より、一番の問題はトイレですね。工事現場のトイレはやっぱりあまり綺麗ではないですし、まず男女で分かれていることが少なかったですから。いわゆる「3K(汚い、キツい、くさい)」の世界なので、女性向きの労働環境ではなかったですね。でも最近は、大きな現場だと昔より設備が整っていたり、気持ちいい環境で作業させていただくことが多くなりました。職人の地位が向上してきているのだと思います。

nomiya4

「左官」の固定概念を覆したい

――その背景には何があると思われますか?

野宮 時代性が大きいですね。これまでは建築業界でも「早い・安い」が優先されていましたが、いまは「オンリーワンが欲しい、自分が本当にいいと思うものが欲しい」という方向に、消費者の意識がシフトしてきているかと思います。そこで必要となってくるのが人の手、職人の技術なんです。

一方で、職人の数は減ってきています。それによって、職人の仕事が大事され始めているように思います。たとえば、建設中の現場だと照明が仮設置の場合が多いのですが、いざ竣工して本照明が点いてみると、光の向きが違うということがありました。左官の仕事は影の出方が印象を左右するので、光の向きが違うと職人が思うとおりの仕上がりにはならないんです。「ここから光が当たるなら、違う塗りの方向にすればよかったな…」と悔しい想いをしました。それ以降は自分で小型のライトを用意して、本照明と同じ位置から明かりを照らして作業していました。そのくらい、作業環境が大事。いまは限りなく本番に近い環境で作業させていただける現場が増えましたね。

nomiya5

――今後の目標を教えてください

野宮 左官職人にはふたつのタイプがいると思っていて、ひとつは伝統的なことをきっちり守っていく、腕のいい職人さん。もうひとつは、左官の世界を新しい方向に広げていく職人さん。私は前者には到底なれないと思っているので、そこは先輩方におまかせします。私は、左官を左官だけの枠にとどめずに、どんどん新しいことをやっていきたいと思っています。「左官屋さんに頼むと、こういう壁しかできないんでしょ?」という固定概念を壊していきたいですね。たとえば壁に石やタイル、ガラスを埋め込むようなアート的なこともできますし、塗り壁の素材に思い出の土地の土を混ぜることもできるんです。あるいは塗装屋さんとコラボしてみても面白いかもしれないですよね。お客様からの「こういう壁が欲しい」というリクエストに対して、「左官はこういうこともできるんだよ」という新しい提案をして、まだまだ知られていない左官の可能性を周知させていきたいです。

壁について一言

Q:野宮さんにとって「壁」とは?
A:キャンバスです。

野宮 私が作りたいのは、「自分が見て気持ちいい壁」なんです。壁を塗ったあとの「よし、綺麗になった!」という達成感を一番に目指していて、そこにあるのは私の「気持ち良さ」だけなんです。感覚としては、絵を描くことと近いのかもしれません。私にとって壁はキャンバスですね。あとは、クロスでも塗装でも、壁を見るとまず触ってしまうのは職業病でしょうか(笑)

ある日の野宮さんの1日

現場の日

  • 5:30 起床、朝食
  • 6:30 現場へ出発
  • 8:00~9:00 現場到着、作業開始
  • 12:00 昼食
  • 13:00 作業
  • 15:00 休憩(30分)
  • 17:00~18:00 作業終了
  • 19:30 帰宅、家事
  • 21:00 夕食
  • 23:00 就寝

左官の仕事は、午前中が勝負。夏は午前中の涼しい時間帯、冬は気温が下がる前に集中して塗ります。暑すぎたり寒すぎたりすると乾きが遅くなり、硬化不良の原因になるんです。

現場のない日

  • 6:00 起床、朝食
  • 7:00 家事
  • 9:00~13:00 材料の買い出し、銀行めぐり
  • 13:00~ 事務仕事・サンプル作り
  • 17:00~ 夕飯準備
  • 19:00~ 夕飯
  • 21:00~ のんびりタイム
  • 23:00~ 就寝

現場のない日も、起床時間は基本的に同じ。朝型なので、メール処理や事務処理などは朝のうちに行います。自宅のガレージをアトリエにしていて、サンプルはそこで作ります。

profile_nomiya

一級左官技能士
MIKI MADE 野宮未葵
のみや・みき 多摩美術大学卒。大学ではガラス工芸を専攻。2007年に有限会社原田左官工業所に新卒で入社。2013年に独立し、「MIKIMADE」の屋号でフリーランスの左官屋として活動開始。最近は、師匠とともに海外の案件も担当している。

過去の記事

SLM_top_pro_tamura2
インタビュー インタビュー プロに聴く

株式会社センプレデザイン代表 田村昌紀さん

「心地よい暮らし」をコンセプトに、海外の家具や洗練された雑貨が並ぶセレクトショップ「SEMPRE(センプレ)」。現在、路面店が 2 店舗、百貨店やショッピングビルのインショップが 4 店舗あり、インテリア好きなら誰もが知る存在に。2015 年 10 月、青山・骨董通りの「センプレ青山店」を大幅にリニューアル。センプレの代表的アイテムであるアルテックなど世界のデザイン家具はそのままに、若手クリエイターのプロダクトを導入。どんな基準で新たなアイテムをセレクトし、どんなこだわりで新しい空間を作り上げたのか、代表の田村昌紀氏にお話を伺いました。

Photographs by Nobuhiko Tamura

SLM_topIMG_uehara
設計機構ワークス
SLM_kobayashi
インタビュー インタビュー プロに聴く

株式会社小林幹也スタジオ代表 小林幹也さん

家具やプロダクトデザイナー、インテリアデザイナーとして幅広く活躍し、国内外にクライアントを持つ小林幹也さん。その傍らで「暮らしの市場」をコンセプトにしたショールーム兼ショップ「TAIYOUno SHITA」を運営されています。そして今年1月、内装新たに目黒区碑文谷にてリニューアルオープン。そんな小林さんに、日々どんな思いでデザインをされているのか、「モノ」づくりの視点からとらえる「空間」のあり方とは何か、お話を伺いました。

Photographs by Nobuhiko Tamura(TN-Photography)