会社役員

Members of the Board
会社役員

シリカライムを構成する役員を紹介します。

代表取締役社長 池田勝利 – Katsutoshi IKEDA
取締役副社長 池田花菜 – Kana IKEDA
取締役常務 谷田圭一 – Keiichi TANIDA
監査役 襧津貴美夫 – Kimio NEZU

代表からのメッセージ

池田勝利

地球環境を見据えた製品づくり・ビジネスのあり方は、これからの私たちにとって最大の課題であり、社会的責務とも言えます。課題というものを、「解決すべき問題」として捉えるという見方はあると思いますが、むしろ環境と調和するために「乗り越えるべき挑戦」と考えるほうが、将来に向けて前向きな発想であると考えます。 自分自身も含め、エンジニアが多数を占める我が社ですが、環境と共存のできる製品を世に送ることが、自分たちにできる最大限の役割であり希望でもあります。開発の中で発見を重ねて来た「音羽晶石」および「天然水硬性石灰」ですが、その探求の中で鉱物資源のすばらしい性質や古代ローマをはじめとする紀元前の知識へと導かれていきました。そこから発想した、「自然に学び、歴史に学び、素材を探求する」という姿勢である、シリカライムにおけるものづくりの基本プロセスを掲げ、お客様に提案できる新しい価値を創造し提供し続けていきます。 2013年に設立した若い会社ではありますが、カクイチグループで培われてきた経験と絆を受け継ぎ、「環境と健康を考える」ことに取り組みながら、お客様一人一人にとって感動と希望のある製品を提供していきたいと思います。

代表者プロフィール

池田勝利 博士(工学)、Dr.Eng. Katsutoshi IKEDA
横浜国立大学建設学科卒・同大学院博士課程(鋼構造研究室)修了、博士(工学)。
専門分野は、建築構造・建築材料エンジニアリング。パリ(フランス)出身。
博士課程で鋼構造を研究分野としながら、フランスで偶然出会った「天然水硬性石灰」
の優れた特性に感銘を受ける。職歴は下記の通り。

2002年
構造エンジニアリング事務所AEI社を設立、2004年より旭化成ホームズ株式会社の
構造開発をコンサルティング業務として請け負う。
2005年
天然水硬性石灰の開発をテーマに横浜国立大学講師(研究員)に就任(~2007)
2006年
横浜国立大学発ベンチャー企業 クスノキ石灰株式会社を設立、
同社代表取締役社長に就任、天然水硬性石灰の輸入販売・開発を行う。
2009年
株式会社カクイチとの共同事業として現行の塗り壁材である「シリカライム」
の製品化に携わりはじめる。
2013年
株式会社シリカライムの同社代表取締役社長に就任。
2014年
クスノキ石灰株式会社にAEI社を吸収、現在に至る。