BLOG

石山寺のシリカライム

滋賀県大津市にある石山寺。

このお寺は珪灰石という雄大な岩盤の上に建っており、寺名の由来になっています。

この珪灰石は国の天然記念物であり、これほど巨大なものは大変珍しいものです。

 170313-001  170313-002

マグマがゆっくりと冷え固まったものが花崗岩(二酸化珪素)。

珊瑚や貝殻など多くの生物が堆積して、長い長い年月を経て岩になったものが石灰岩 。

石山寺の珪灰石は地球上にあるこの二つの鉱物が偶然にも接触し合い、混ざり合いできたものです。

どんな偶然かは知る由もありませんが、天然記念物となるくらいの代物です。

 170313-003

二つの鉱物名を聞いてピンと来た方はシリカライムマニアです。

そう、シリカライムは音羽晶石という花崗岩と天然水硬性石灰という石灰岩で

できており、この珪灰石と同じ組成をしています。

 

シリカライムは接着剤を加えない天然無機を特徴としていますが、天然と言っても

内装の壁になるまでにはさまざまな人の手が加わります。

 

シリカライムは人類の英知を利用して製品化されていますが、地球という生き物はとうの昔に同じものを作り出していました。

石山寺へ行くと地球という途方もない存在に触れることができます。

170313-004

我々はどんなに背伸びをしても地球の歴史には到底及びませんが、その歴史を引き継ぎながら自然に学び、逆らうことなく、新しい歴史を作っていくための製品づくりを目指しています。

 

本山

技術グループマネージャー

本山